auひかり 速度

> auひかりの速度は速い?フレッツ、ソフトバンク、ドコモ…他回線と徹底比較

auひかりの通信速度は速い?最大速度は?

auひかり 速度

スマホやタブレット、パソコンなどを利用する人たちにとって作業の効率を左右するインターネット回線の通信速度は重要です。
特に、auひかりは他の光回線と比べると速く、月額料金も安いとの評判が多く聞かれます。
住んでいる地域や環境により速度は変わってきますが、auひかりの最大速度は1Gbpsとなっています。
とはいえ、最大速度の1Gbpsを常に出しているわけではありません。
動画やネット閲覧、ゲームなどを利用するには、300Mbps~400Mbpsあれば快適に使えるので、最大速度が1Gbpsのauひかりは充分に速いと言えるでしょう。

 

auひかりにも速度制限はあるの?

インターネット回線を安定した形で使用するための必要な手段として、各ネット会社の回線には速度制限が設けられています。
auひかりの場合、一日にインターネットに30GB以上のデータを続けて送信(アップロード)している場合、最大速度が制限されます。
しかし、ネット閲覧やメールの受信、ファイルのダウンロードなどのインターネット回線に自分から働きかけない使用、ダウンロードについては制限されません。
普段の生活で使用する上では、ほとんど30GB以上のデータを送信することはありませんので、心配することなく使用することができます。

 

auひかりと他回線を徹底比較!どっちが早い?

vs フレッツ光

光回線で一番知名度があり、加入者数が多いのがフレッツ光です。
NTTが提供するフレッツ光は、提供エリアの範囲が広く、全国に広がっています。
またBIGLOBEやOCNなどの対応プロバイダの数が多くあり、自分に合った月額料金やオプションを選んで快適なネット環境を整えることができます。
auひかりは、提供範囲がフレッツ光より狭く、対応プロバイダの数も劣ります。
しかし、通信速度においては、インターネット回線の共有人数がフレッツ光より少ない分、高速回線を利用しやすく、快適にネットを使用することができます。

 

vs ソフトバンク光

ソフトバンク光とは、携帯会社で有名なSoftBankが提供している光回線であり、NTTフレッツ光の回線が使用されています。
auひかりと同じく基本料金が5200円と安い上、SoftBankの携帯端末を利用し、なおかつソフトバンク光を契約した場合、携帯端末料金が割引されるサービスなども行っています。
最大速度もauひかりと同じ1Gbpsとなっていますが、ソフトバンクもフレッツ光と同じく回線の共有人数が多くなります。
そのため、auひかりの方が高速回線に繋がりなすくなっており、スムーズなネット環境が望めます。

 

vs ドコモ光

NTTドコモが提供している光回線がドコモ光です。
ドコモ光とドコモの携帯端末を一緒に利用すると、料金が割引されるシステムがありお得です。
また、集合住宅に住んでいる人が契約をすると戸建て向けより料金が安くなっているのでお得に利用することができます。
個人での契約よりも、大家族の契約の方が安く利用できるのが特徴です。
通信速度もauひかりとそう変わりませんが、使用する環境によっては、auひかりのほうが速度が速くなる可能性があります。
また、選んだプロバイダーが混雑していることにより、速度が落ちて来ることが多いという声も上がっています。

 

vs WiMAX

WiMAX(マイマックス)は、UQコミュニケーションが提供している光回線で、最近ではCMでもよく耳にしますよね。      
モバイルのWi-Fiルーターがあれば工事が不要ですぐにインターネットを利用できます。
また、スマホサイズのルーターは持ち運びができ、外出先で使用することが大きなメリットです。
通信速度も下り通信で最大440Mbpsと、動画やネット閲覧をするには十分な速度が得られます。
しかし、auひかりとは違い、光回線ではなく電波を利用してインターネットにつなぐため、環境によっては安定性がなく、速度も落ちるところがデメリットです。

 

auひかりの通信速度が遅いときの対処法

速度が遅くなる原因

最大速度1Gbpsをうたっているauひかりですが、いつもこの速度で回線を利用できるという訳ではありません。
そのため、動画鑑賞やネットへのアクセスがスムーズに出来ないこともしばしばあります。
速度が遅くなる原因には、契約しているプロバイダーのプランに速度制限がかけられていたり、ルーターの種類によっては最大速度が1Gbpsに対応していないこと、そしてルーターやパソコン本体の機械自身が故障していることなどが挙げられます。
また、回線が混む時間帯にアクセスするとネットにつながりにくくなります。
さらに無線LANの場合、電子レンジなどの電磁波を発する電子機器があると、それが電波の通りの邪魔をして通信速度を落としてしまうこともあります。

 

速度が遅い原因はどうすればわかる?

通信速度を遅くしている原因を探るためには、まず速度チェックをしてみましょう。
回線速度をチェックできるサイトがありますので、そちらを利用すると便利です。
インターネットを快適に利用したければ、60Mbps以上あれば高画質な動画や音楽を視聴することができます。
明らかに遅いようであれば、上記に挙げた原因を疑ってみることです。
自分がどのようなプランを契約したかを再度チェックし、ルーターやパソコンに故障がないかを確認しましょう。
問題があれば違う種類に買い替える、混雑する時間帯を避けてネットにアクセスしてみるなど、自分で出来ることは色々と試してみることをおすすめします。
もしそれでも通信速度が改善しない場合は、直接問い合わせて原因を突き止めてもらうのも問題解決の近道です。

 

回線の速度測定(スピードチェック)方法

回線の速度を測定することは、使用環境に何か問題があった場合の原因究明に役立つのでぜひ覚えておきましょう。
では、どのようにauひかりの回線スピードチェックをしたらよいのでしょうか。
auひかりに加入していれば、KDDI速度測定サイト・スピードチェックをサイトから利用することができます。
ほかにも、auひかりに加入していなくても利用できる「NUROオリジナル通信速度システム」や、ADSLにも対応できる「USENのネット回線スピードテスト」、「BNRスピードテスト・回線速度測定」などのサイトでチェックができます。
自分が使いやすいサイトを見つけて、時々チェックしてみることが、ネットを快適に使用できるカギなのです。