auひかり 料金

> auひかりの料金調査−初期費用・月額はどれくらい?他社より安い?

auひかりホームの料金

auひかり 料金

auひかりホームとは、一戸建てに住んでいる方を対象としたサービスです。
利用者のライフスタイルに合わせて、料金プランが3つ用意されているのですが、長く利用するほど月額料金が割引になる「ずっとギガ得プラン」が推奨されています。
auひかりの料金には、月額利用料にプロバイダサービス料が含まれています。
プロバイダとは、携帯電話に置き換えると機種のようなものです。
ネットにつなげることはどのプロバイダでもできますが、選んだ会社によって少しずつサービスが違います。
auひかりには、プロバイダ料金が含まれているので、どこの会社を選んでも別料金がかかりません。
つまり、月額料金は、光ファイバーサービス+プロバイダサービス利用料+機器レンタル料金(無線LANは除く)です。

 

ずっとギガ得プラン

このプランは、auが一番おすすめしているプランです。
3年単位(自動更新)の継続利用を条件としたプランで、申し出をしない限り、加入した月から3年単位で自動更新されていくので、そこは注意が必要です。
更新期間でないときに、解約やプラン変更をした場合は、契約解除料が15,000円かかります。
また、このプランは月額料金が年々安くなっていく点も特徴です。
例えば、【ネット+電話+テレビ】の組み合わせの場合、
1年目は6,100円〜
2年目は6,000円〜
3年目は5,900円〜 
と料金が下がっていきます。
年間1,200円程度お得になっていくプランではありますが、更新しない場合は契約更新月となる2か月間でないと、お得になった金額以上の違約金を払うことになるので注意しましょう。

 

ギガ得プラン

ギガ得プランは、2年単位の契約を条件としたプランです。
ずっとギガ得プランは年単位で安くなるのに対して、このプランは標準プランと比べて安くなるというプランです。
年々安くなるということはありません。
しかし、標準プランちと比べると月額1,000円程度は安くなるので、かなりお得に感じます。
ネットだけの料金で見てみると、
ギガ得プランは5,200円。
標準プランは6,300円です。
これは、年間にすると大きな違いが出てきます。
ギガ得プランとずっとギガ得プランで比べると、少しの金額の差は出てきます。
例えば、ずっとギガ得プランで【ネット+電話+テレビ】の組み合わせの場合、
1年目は6,100円〜
2年目は6,000円〜
3年目は5,900円〜 
ですが、ギガ徳プランのこの組み合わせの場合は、料金が6,200円〜です。
2年更新で金額は変わりません。
1年目は1,200円程度の差、2年目は2,400円程度の差、3年目以降は3,600円程度の差が年間で出てきます。

なお、このプランの更新月以外での標準プランへの変更、契約解除料は9,500円です。
こちらも申し出がない限りは2年単位で更新されていくので注意しましょう。

 

標準プラン

標準プランは、3つのプランの中で一番高い料金設定です。
ネット・・・6,300円
ネット+電話・・・6,800円
ネット+テレビ・・・6,800円〜
ネット+電話+テレビ・・・7,300円〜
他のプランと比べるとかなり料金が高いことが分かるでしょう。
年間にすると、1万円以上の差が出ます。

 

プランとして一番安いのは、ずっとギガ徳プラン。
次にギガ徳プラン、最後にこの標準プランです。

 

auひかりホームの初期費用はいくらかかる?

初期費用はすべてのプランにかかり、工事費も含まれます。
その費用は37,500円で、登録料も3,000円必要です。
工事費は、一括払い、または分割(30回)払いから選ぶことができます。
分割払いで途中解約した場合は、最終請求月に初期費用の残額を一括で払わなくてはなりません。
また、光回線の引込み工事を実施したあとに、自分の都合で課金開始日前に申し込みをキャンセルした場合は、キャンセル料として、初期費用相当額が請求されます。
この点は3つのプランに共通することなので、覚えておく必要があります。
なお、開通工事日が土日祝日の場合は、別途3,000円が必要です。

 

auひかりマンションの料金

auひかりマンションは、既にauひかりの設備を導入済みの集合住宅に住んでいる方を対象としたサービスです。
インターネット、電話、テレビの3つのサービスが利用できます。
マンションのタイプには配線方式の違いなどによって、6つのタイプがあります。
また、契約戸数によっても利用料金が変わります。
そのため、契約前には自分の住んでいるマンションがどのタイプか確認するためにエリア検索をしておきましょう。
このマンションの料金プランに含まれるものは、以下の通りです。
・光ファイバーサービス利用料
・プロバイダサービス利用料
・機器レンタル料金(無線LANは除く) 

 

マンションタイプは、他の居住者との共同利用となるので、月額料金は低設定になっています。
また、おうちトラブルサポートというサービスを付けることができます。
おうちトラブルサポートとは、日常生活での緊急トラブルに対応するサービスです。
水まわり、電気設備、ガス設備、鍵、ガラスのトラブルについて、部品交換や特殊対応が不要な60分程度の作業を無料で行ってくれるサービスです。
しかし、部品交換が必要なときなどは、費用の負担をしなくてはならない場合もあります。
このようなときには、業者と直接清算することになっています。

 

お得プランA

マンションタイプのお得プランAは、月額利用料にインターネット回線サービス・プロバイダサービス利用料・機器レンタル料も含まれます。
そのため、プロバイダごとの異なる料金設定にも迷わずに安心して選ぶことができます。
また、日常生活での緊急トラブルにも安心できる「おうちトラブルサービス」を利用することができます。
先に説明したように、おうちトラブルサポートは、水まわりや電気設備、ガスや鍵などのトラブルがあった場合対応してくれるサービスです。
しかし、全てが無料というわけではなく、部品を交換しなくてはならない場合や、時間内に修理できない場合は料金が発生することもあります。
一時的な応急処置と捉えるのが良いでしょう。

 

このプランの契約期間は2年です。
2年ごとに自動更新されていくので更新月を把握しておく必要があります。
更新期間外に解除する場合には、契約解除料の7,000円が発生します。
提供タイプが都市機構デラックスの場合、月額料金は次の通りです。
ネット・・・3,800円
ネット+電話・・・4,300円
ネット+テレビ・・・4,300円〜
ネット+電話+テレビ・・・4,800円〜
電話・・・1,400円〜
電話+テレビ・・・2,300円〜

 

標準プラン

標準プランとお得プランAの大きな違いは、契約期間の有無です。
お得プランAは、契約期間が2年更新であるのに対して、標準プランに契約期間はありません。
そのため、契約解除料は発生しません。
もう一つの違いは、標準プランには「おうちトラブルサポート」がつかないということです。
もし、おうちトラブルサポートをつけたい場合は、オプションとして申し込むことができます。
その場合は月額400円が別にかかります。
月額料金はお得プランAと同じです。

 

提供タイプが都市機構デラックスの場合の月額料金は、次の通りです。
ネット・・・3,800円
ネット+電話・・・4,300円
ネット+テレビ・・・4,300円〜
ネット+電話+テレビ・・・4,800円〜
電話・・・1,400円〜
電話+テレビ・・・2,300円〜

 

auひかりマンションの初期費用はいくらかかる?

初期費用は、タイプV、都市機構デラックス、タイプE、マンションギガ、タイプFの場合は一括払いまたは分割払いから選ぶことができます。
初期費用は工事費を含み、30,000円ですが、分割払いの場合は月々1,250円の24回払いです。
また、登録料が別途3,000円がかかります。
分割払いで途中解除された場合は、最終請求月に初期費用の残額を一括請求されます。
光回線の接続工事後、自分の都合で課金開始日前に申し込みを取り消す場合は、キャンセル料として初期費用相当額を払うことになっています。
都市機構16Mは12,000円、16M、一括型は初期費用がかかりません。

 

auひかりと他回線を徹底比較!どっちが安い?

auひかり 料金

vs フレッツ光

フレッツ光は、プロバイダや利用期間によって料金が変わります。
また、東エリアと西エリアでも大きく料金が異なるので、比較が難しいところです。
フレッツ光の西日本とauひかりを比べると、最初の1〜2年はauひかりが500円前後高めです。
3年目以降は、少しずつフレッツ光とauひかりの差は縮まっていきます。
フレッツ光東日本の場合は、auひかりの方が最初の1〜2年は500円前後安くなります。
3年目以降は差が縮まります。
しかし、携帯電話がauの場合は割引があるので、総合的に考えると契約した年からauひかりの方が安くなることもあります。

 

vs ソフトバンク光

ソフトバンク光の月額料金は、プロバイダ料金込みになっています。
こちらも、自動契約の有無、ホームタイプとマンションタイプがあるので、auひかりに似ています。
しかし、プロバイダを選ぶことができません。
基本料金は、ソフトバンク光とauひかりは同じです。
そのため、携帯電話のキャリアがauであればauひかり、ソフトバンクであればソフトバンク光を選ぶと良いでしょう。
しかし、キャリアの変更を検討中の場合は、キャッシュバックなどの条件が大きく変わることもあるので、窓口で相談する必要があります。

 

vs ドコモ光

ドコモ光もauひかりと同じく、ホームタイプとマンションタイプがあります。
どちらも、auひかりの方が1年目より安い料金設定です。
また、回線数によっても料金に大きな差が出てくるようです。
auの場合は、家族の回線数が増えるほど、割引率は高くなります。
それに対してドコモ光の場合は、回線数が増えても契約回線のみに割引が適応されるため、割引率は変わりません。
携帯キャリアと合わせて光回線を決める場合は、もちろん契約しているキャリアに合わせるのがお得です。
しかし、携帯電話をauかドコモかで悩んでいて、家族まるごと変えようと考えている場合は、auがおすすめです。

 

auひかりの料金に関するギモン

auひかりの料金支払い方法は?

料金の支払い方法は、窓口、口座振替、クレジットカード払いのいずれかです。
窓口での支払いを選択した場合は、振込用紙が毎月送られますので期日までに支払いをします。
口座振替での支払いの場合は、指定した金融機関の口座から引き落されます。
クレジットカードでの支払いを選択した場合は、指定したクレジットカード会社より請求されます。
口座振替日は、クレジットカード会社からの請求書で確認できます。
なお、au WALLETクレジットカード払いを選択した場合は、ポイントがダブルで貯まるのでとてもお得です
じぶん銀行の口座をもっている場合は、じぶん銀行からの引き落としにすることで、WALLTポイントが貯まります。
支払方法の変更も可能です。
変更する場合は窓口かMy auへログインして申し込みをしてください。

 

請求書は郵送?WEBで料金確認できる?

請求書は、郵送でもWebでも確認することが可能です。
郵送の場合は、紙の請求書発行手数料として1請求書あたり200円かかります。
窓口払いの場合は、振込用紙の発送が必要なため、紙の請求書が発行されます。
その場合、窓口取り扱い手数料として、1請求あたり300円が必要です。
なお、Webでの請求金額の確認は、無料です。
従って、少しでも月々の金額を抑えたい方は、支払い方法を口座振替またはクレジットカードにして、金額請求はWebで確認することをおすすめします。

 

支払いの名義変更方法は?

支払いの名義変更は可能です。
変更する場合は、窓口へ電話で申し込みましょう。
契約の内容によっては、電話をした後に変更届を郵送して、手続き完了となる場合もあります。
平日の夕方は電話回線が込み合うことがあるので、午前中がおすすめです。
また、基本契約番号、請求コード、セルフIDのいずれかが必要になることがあるので、用意をしておきましょう。
これらは、auお客様サポートで確認することができます。
契約内容の変更・移転・各種手続き・設定・故障については以下の番号で問い合わせます。
0077−777
こちらは通話料無料で、9時〜22時まで問い合わせが可能です。
年中無休です。

 

アパートでもauひかりを利用できる?

マンションミニギガが導入されているアパートに関しては、申し込みできます。
しかし、導入されているアパートはかなり少ないというのが現状です。
住んでいるアパートが3階建て以下の場合は、ホームタイプへ加入できます。
ホームタイプと聞くと高く感じますが、月々の金額はマンションミニギガタイプと大きく変わりません。
月々100円程度ですが、ホームタイプの場合は長く使うほどに安くなるので、3年目はホームタイプの方が安くなります。
しかし、アパートは一度入居しても引っ越すことも多いので、よく考える必要があります。
ホームタイプは3年更新なので、契約解除料のことも考えましょう。