auひかり モデム,auひかり onu

> auひかりのモデムと無線LANの接続方法・繋がらない場合の対策

そもそもモデムの役割って何?ルーターやONUとの違いは?

auひかり モデム

インターネットを接続する際に必要な機器は、「モデム」「ルーター」「ONU」ですが、その役割はそれぞれ違います。
「モデム(変調復調装置)」とは、送られてきたデジタル信号・アナログ信号を変換させる装置で、ADSL回線に必要です。
「ルーター」とは、複数の端末とインターネットを相互接続するための装置で、家庭内の異なる機械とインターネットを接続することができます。
「ONU(Optical Network Unit/光回線終端装置)」とは、モデムと同じ役割を持ちますが、光で送られてきた信号を電気信号(逆もあり)に変換する装置なので、光回線のインターネットを使用するときに必要です。

 

auひかりのホームゲートウェイの特徴

ホームゲートウェイとは、auひかりのモデムにあたる機器です。
マンションなど宅内に設置され、家庭内にある電話やFAXなどのネットワークとマンションの回線を結ぶ装置で、auひかりからレンタル(市販のルーターと交換不可・解約時に返却)できます。
無線LAN機能が付いているのでルーターが不要ですし、さらにスマートバリューに加入をしているとレンタル料金が無料になります。
この機器にはBL900HWとBL902HWなど数タイプあり、BL900HWは高速無線LANを内蔵しておりホーム型対応、BL902HWはホームゲートウェイ機能とVDSL機能が一体化した機器でマンション型対応という特徴があります。

 

モデム(ホームゲートウェイ)の接続方法

インターネットサービスを利用するには、モデムや周辺機器を接続して設定しなくてはなりません。
接続や設定の方法は、以下のページで解説していますので、参考にしてみてください。

 

・ホームタイプ、マンションタイプのモデム接続方法はこちらへ。

 

・Wi-Fiを利用する場合の設定方法はこちらへ。

 

赤ランプが点灯する!接続方法が間違っている?

◇ホームゲートウェイのランプの種類と意味
ホームゲートウェイにはいくつかランプがついています。
インターネットに接続できない時やトラブルが発生した時は、ランプの意味を理解していると、何が原因が分かるかもしれません。
ここからは、ランプの種類と、点灯や点滅の意味を確認していきましょう(BL902HWの場合)。

 

更新ランプ

赤点滅(センターと通信中)・赤点灯(本商品とセンター間で通信準備中)・橙色点灯(本商品とセンター間で通信準備中)・消灯(通信可能)

 

ネットランプ

緑点灯(インターネット接続可能)・赤点灯(アドレス未所得のため接続不可能)・消灯(ネットサービスの契約がされていないor手続き中)

 

電話ランプ

緑点灯(auひかり電話サービス利用可能)・赤点灯(auひかり電話サービス利用不可能)・消灯(電話サービスの契約がされていないor手続き中)

 

無線1ランプ

緑点灯(2.4GHz帯の無線LAN機能が利用可能)・緑点滅(2.4GHz帯の無線LANでデータ送受信中)・消灯(2.4GHz帯の無線LAN機能が利用不可能)

 

無線2ランプ

緑点灯(5GHz帯の無線LAN機能が利用可能)・緑点滅(5GHz帯の無線LANでデータ送受信中)・赤点滅(DFS 動作中)・消灯(5GHz帯の無線LAN機能が利用不可能)

 

電源ランプ

緑点灯(電源がON)・緑点滅(無線自動設定の待ち受け状態or省エネモード作動中)・橙点灯(USBポートに接続したデバイスにデータ書込み中or無線自動設定完了orファームウェアのバージョンアップ時)・橙点滅(楽々無線ランスタート設定中)・赤点灯(らくらく無線スタートでの設定に失敗)・赤点滅(WPSかかんたん接続での設定に失敗)・消灯(電源が切れている)

 

アラームランプ

赤点灯(機器に故障発生)・消灯(正常動作中)

 

リンクランプ

緑点灯(HGW部とのリンクが確立)・消灯(HGW部とのリンクが確立していない)

 

VDSLランプ

緑点灯(VDSLリンクアップ中)・点滅(VDSL回線の接続処理実行中)

 

ONUのランプの種類と意味

ONUにもいくつかランプが付いています。
ランプの種類と、それぞれの意味について紹介していきます。

 

電源ランプ

緑色点灯(電源が投入されている)・消灯(電源が切れている)

 

光入力ランプ

緑色点灯(光ファイバ信号を正常に受信)・緑色点滅(光ファイバ信号の受信なしor受信しているがエラーとなっている)

 

通信ランプ

緑色点灯(ひとつ以上のロジカルリンクが確立)・緑色点滅(ロジカルリンク確立中)・消灯(ロジカルリンクが確立されていない)

 

ホームゲートウェイランプ

緑色点灯(リンクアップが確立)・緑色点滅(通信中)・消灯(リンクダウン中)

 

ALARMランプ

赤色点灯(100Mbpsで確立)・消灯(リンクダウン中or100Mbpsで確立)

 

onuのランプが消灯している時(異常時)の対応

onuのランプが消灯している時(異常時)には、どのような対応をとれば良いのかについてまとめました。

 

電源ランプが消灯している場合

コンセントを抜いて、再度挿入してみてください。
電源ランプだけが消灯している場合や赤色に点灯している場合には、故障の可能性があります。

 

光入力ランプが消灯している場合

コンセントを抜いて、再度挿入してみてください。

 

通信ランプが消灯している場合

コンセントを抜いて、再度挿入してみてください。

 

ホームゲートウェイランプが消灯している場合

LANケーブルを交換してみてください。

 

以上のように、電源を入れ直すなどの対応をしても改善しない時には、KDDIのコールセンターに問い合わせをしてください。

 

KDDIのコールセンター

電話番号:0077-7084 
受付時間:9:00〜20:00 (土日祝も受付)
携帯電話やPHSからも利用可能です。

 

ネットに繋がらない!そんな時の対処法

接続したはずなのにネットに繋がらない!そんな時はどうしたらよいのでしょうか?
まず、パソコンなどのすべての端末の電源を落として再起動してみてください。
もしくは、auひかりホーム、マンションタイプのタイプVとタイプEなら、電源を落としてホームゲートウェイ上部の更新ボタンを押しながら再起動して初期化してみましょう。
もしこれらの対処法を試してもインターネットに繋がらない場合は、ホームゲートウェイ自体が故障しているかもしれませんので、プロバイダに問い合わせて機器を交換してもらうのがよいでしょう。
お問い合わせ先は、以下の通りです。

 

au one netをお使いの方

電話番号:0077-7084(無料) 
受付時間:9:00〜23:00(年中無休)

 

その他のプロバイダをお使いの方

問い合わせページより、各プロバイダの会員サポートへアクセスできるようになっています。

 

Wi-Fiの速度にこだわるなら外付け無線LANがおすすめ

インターネット回線を利用するのなら、やはり速度が速い回線がいいですよね。
しかし、auひかりで提供してくれるホームゲートウェイを利用しても、機種によっては高速の通信速度は望めません。
そのため、Wi-Fiの速度にこだわるのなら、外付けの無線LANを利用することをおすすめします。
auひかりでは、外付け無線LANを月額500円でレンタルすることが可能です。
外付け無線LANは、ホームゲートウェイの無線LANポートにつないで使用します。
最新の機種をレンタルし利用すると、最大300Mbps〜450Mbpsの通信速度を出すことが可能なのです。

 

市販の無線LAN機器を使っても良いの?

無線LAN機器をレンタルした場合は、解約した時に返却が必要になりますが、市販の機器を用意しておくと、他のインターネットサービスに引き続き利用できます。
また、ハイスペックな機器を自分で選ぶこともできるため、前に利用していた機器をまた使いたいという人もいるかもしれません。
auひかりの場合、ホームゲートウェイに無線LAN機能が内蔵されていても、市販の無線LAN機器(外付け型無線LAN機器)を使用することができます。
購入した無線LANをLANケーブルでホームゲートウェイに接続し、無線機器を「AUTO」または「AP」モードにして使用してください。
性能の良い無線LAN機器をお持ちであれば、この利用方法が高速でおすすめです。