auひかり マンション

> auひかり マンションに関する疑問を解決!速い?解約金は必要?

auひかり マンション基本情報

auひかり マンション

KDDIが提供する光回線サービスのauひかりは、通信速度の速さと、月額利用料が低料金、回線工事が簡単に出来ることから人気のあるインターネット回線です。
もしお住まいのマンションにauひかりの回線が導入されている場合、「auひかり マンション」プランを契約することができます。(タイプは自分で選べず、マンションにより決定している)
「auひかり マンション」は、マンションに住む人たちで一緒に回線を使用することで料金を低く設定できるお得なプランです。
また、スマホや電話もauひかりを利用していれば、セット価格でますますお得になります。
月額料金や初期費用などについては、こちらのページで詳しく解説しています。
申し込みを検討されている方は、チェックしておきましょう。

 

お住いのマンションによってプランが変わる

「auひかり マンション」は、お住まいのマンションによってプランが変わります。
「マンションギガ」は光ファイバーを各戸まで配線しているタイプで、通信速度が最大1Gbpsとスピーディーです。
「マンションミニギガ」は3階建て、あるいはそれ以下のマンションのタイプ(新規導入は終了)で、「マンションV」はV16(一般的なタイプ)とV8(利用料が少々割高だが、回線が比較的空いていて使いやすい)の二種類のタイプ、団地で利用できるタイプの「都市機構デラックス」、各戸にLANケーブルで配線されており、安定した速度で利用できる「タイプE」、光配線で各戸まで配線する「タイプF」などがあります。

 

auひかり マンションの速度について

「auひかり マンション」の速度はプランによって変わります。
マンションギガやマンションミニギガは導入されている物件が少ないため、回線が混みにくく、下り速度が最大1Gbpsとなっているので比較的快適に使用することが可能です。
マンションV(V16、V8)、都市機構デラックス(VDSL方式)、タイプE(イーサ方式)、タイプF(光ファイバー方式)は、戸数が多い団地やマンションで利用されており、下り速度最大100Mbpsまでなので、通信速度はマンションギガやマンションミニギガよりも低下します。
なお、基本的にマンションタイプは、マンション全体で光回線を共有するので、ネット利用が集中する時間帯は速度が遅くなることがあります。

 

VDSL方式しか選択できない時は他社光回線も検討を

都市機構でデラックスに使用されているVDSL方式とは、電話ケーブルでマンションに配線されている回線の事を言います。
工事が不要なので昔はよく利用されていましたが、あまり多くのデータを通信すると通信速度が低下してしまい、快適に使用することが不可能になってしまいます。
特に、仕事が終わった夕方あたりから混み始め、動画やサイト閲覧に時間がかかってしまいます。
お住まいのマンションがVDSL方式であった場合、そのまま利用するよりもフレッツ光などの他社の速度の速い光回線を利用することをおすすめします。

 

auひかり マンションが利用できるエリアは?

auひかり マンションは、日本全国どこでも利用できるわけではありません。
申込みたいと思っても、対応エリア外の場合がありますので、事前に確認しておくことが重要です。
お住いの地域で利用できるかどうか調べる方法は、こちらのページをご覧ください。

 

申し込みから開通までの流れ

auひかり マンションを利用できる地域にお住まいであれば、いよいよ申し込みです。
申込方法は、公式ホームページや代理店など、いくつかあります。
キャッシュバックの内容などを比較して、お得な申込方法を検討してみましょう。
申し込み後の流れや工事の内容は、こちらのページで確認してください。

 

解約金がかかるタイミングは?

光回線を解約すると、解約金や工事費の残債を請求されることがあります。
auひかり マンションも同様で、解約するタイミングによっては支払わなければならないかもしれません。
解約金の金額、解約金を支払わずに契約を解除する方法は、こちらのページでご紹介しています。
気になる方はチェックしてみましょう。